So-net無料ブログ作成
検索選択

城山湖 [自転車]

 こんな天気の良い週末なのに・・・自宅に篭って仕事中。資料の作成が終わらない・・・。ちょっと息抜きで、先週末の事でも・・・。

 4日の土曜日は会社の後輩の結婚式二次会へ。幸せのおすそ分けをもらい、その後(も)飲んで深夜帰宅。
 5日の日曜日は愛猫[猫]に「ゴハン~」と朝7時から叩き起こされ、そのままやる気まんまんで出かける準備・・・になるわけもなく、二度寝。ふと気付くと2ニャンとも人の上で一緒に寝てやがりに添い寝していただいてました。重い・・・[ふらふら]

 という訳で昼頃過ぎからのんびり準備開始。13時半頃スタート。今日は19時より飲みがあるので18時には戻ってこなければならない・・という訳で距離的にちょうど良さげで自転車で行ったことのない城山湖へGo

 ルートは、府中街道を進み連光寺の坂経由で尾根幹~町田街道を通り、相原十字路交差点あたりから小松の交差点を抜けて、城山湖へ登るコース。
 SN090405a.jpg
 尾根幹の桜並木

 案の定、小松の交差点へ抜ける際に間違えてR413に出て迷う。で、Garmin Edge 705の出番・・・って最初から使えばいいのですが、残念な事に家の付近からルート検索をかけるとコース計算100%でずーっと止まったままになって使い物にならない。これで表示されたとしても705の示すルートと違うルートに行くと、再計算→表示に時間がかかるor場合によってはあきらめる可能性大。しかも尾根幹を通るし(対抗車線を別の道と考えて逆行するように案内した挙句に、ルート再計算→計算不能でナビ放棄のパターンが多い)。

(話題が出たついでに、Garmin Edge705はやっと日本語版が例の代理店から発売決定されたようですね。純正マップでのナビの精度はもっといいのかな。10万近い値段では買えないけれどね。それでも予想していたよりはかなり安いけど。)

 迷って時間的に厳しいかな、と思いつつ途中のセブンイレブンで補給をして進む。

 無事に小松の交差点から「かたくりの里」のそばを抜けて本格的な登り開始。距離は短いですがそれなりに斜度があり舗装が荒れて、というルートで駐車場に無事到着。
 そのまま湖の近くまで登る。
SN090405b.jpg

 「城山湖」の石碑があったのでS1を置いて写真を撮ろうかと思ったら先客がおりました。
SN090405c.jpg
SN090405d.jpg

 近くの津久井湖、相模湖は通りがかりで良く見ているけれど、城山湖に来たのは小学校の遠足以来。神奈川の水源&発電所という事で来たんだろう・・・。全然記憶にはなかったけれど、実際に見ると懐かしい景色でした。誰かが遥か下の湖面に向かって石を投げていたら「せっかく作った湖が埋まるからやめろ」と先生に怒られていたなぁ・・・あれからン十年、まだ埋まってませんね。

 ダムまで降りたかったけれど時間もないので折り返す。

 来るときに「舗装悪い」と思ったけれど下りは慣れないロードで地獄。テニスコートのあたりまでひたすらブレーキを握っていたような・・・MTBならあんまり気にならないのに・・。


 帰り道はスムーズに町田街道まで抜ける。下り基調で思ったより短時間で帰れそうなので、連光寺の坂を逆方向(聖蹟桜ヶ丘側)から登って帰ろう、と、16号~柚木街道~野猿街道と抜けて、府中街道まで。連光寺の坂は疲れた脚にはかなり厳しい・・・。

 そのまま逆側に下り、大丸交差点から裏道を通って帰宅。17:30頃。


 しかし・・登りの速度は向上しないは、ほんの少しで心臓バクバクになるは、、で、ヒルクライムが強くなれる予感が全くしない。やはり72kgの体重の問題か? まずはダイエットでも・・・?
#まあクライム用バイクじゃないし ←言い訳

にほんブログ村 自転車ブログへ
------------------------

 お願い(・・・といっても本人がここを見る可能性は極端に低いけど)

 帰りの町田街道~R16~柚木街道~野猿街道となぜか何回か抜いたり抜かれたりとなった紺~シルバーのグラデーションカラーの古めのCannondaleのMTBに乗っていた方。
 花粉症か何かでマスクをした状態で、あのブロックタイヤで30km/h以上の巡航速度で走る脚力・心肺能力には素晴らしいものがあると思います。ただ、そのスピードで歩道~車道を行き来しながらの走行は、同じ自転車乗りとして見ていて恥ずかしいので辞めていただけませんか?
 確かに自転車通行可の歩道でしたが、私の見ている範囲で何人かの歩行者に迷惑をかけてるし。信号待ちで数台が止まっているという理由で、歩道へ出入りするのは無駄に権利だけ主張している頭の悪い人物にしか見えないし。
 自転車の地位低下を招かないためにも、自覚を持った行動をお願いしますね。

 私が最後に見たのは歩道を走って横断歩道を渡り府中四谷橋方面へ向かう後姿ですが、そのまま多摩サイに入って同じノリで突っ走って歩行者に迷惑をかけるような行動をしていなかった事を祈っています。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る