So-net無料ブログ作成

フィジーク ラピッド3 [ Fizik Rapid3 ] (追記あり) [自転車]

今週末はいろいろと用事があり自転車に乗るヒマもなく。

用事の後、先週宮ヶ瀬湖の帰りに立ち寄った時にオーダーした部品が届いた、という連絡を頂いていたので引き取りに行ってきました。

こちら↓
sn130317a.jpg
FizikのRapid 3。パッケージの通りfizikの商品ですが・・
sn130317b.jpg
中身はCAT EYEのRapid3。

FizikのサドルにはICSというアクセサリーを装着できる場所がありますが、ここに取り付け用のRAPID3です。RAPID3は特にオリジナルと変更無し。FizikのICSとCAT EYEのブラケットを繋ぐ部品が付いている商品です。逆にこれ以外のブラケットは付いてません。
CAT EYEからもサドルレールに取り付ける用のブラケットが出てますが、サドルバッグの取り付けに問題が出そうなくらい邪魔(に見える)なのが問題。

私のロードバイクはシートポストがエアロ形状なので、通常の円形のシートポストに着けられるようなモノが取り付けられず結構苦労します。今まではFizik純正のICSに直接取り付けるテールライトを付けてました。細かい問題も幾つかありますが最大の問題はライトが暗い。被視認性は相当悪いだろうな、と。
そんな訳で、今回あっさりと乗り換え。安全が3000円程度で強化されるなら安いものです。

付属品に取り付け部品が長さ違いで2個付いていて、サドルによって使い分ける(DIFFERENT ADAPTERS FOR DIFFERENT SADDLES)とマニュアルには書いてありますが、どのサドルがどれ、という記載が一切無い。
できるだけコンパクトにしたいのもあり、とりあえず短い方で取り付け。
sn130317c.jpg
特に問題なく取り付いたけれど、マニュアルにある同じサドル(アンタレス)に取り付けた写真よりコンパクトに見える・・問題なさそうだから、まあいいか。

後方より↓
sn130317d.jpg
ちょっと大きいかな? CAT EYEのライトのブラケットは共通だから、別のテールライトにも交換できますね。と考えると、単にこのブラケットだけ売って欲しいところです。

このRAPID3、2つの点滅モードと、点灯モードがあります。点灯モードは中央のライトのみが点灯。
CAT EYEのWebサイトに行ってRAPID3のページを見ると「リアリフレクター(赤色)が付いていない自転車の場合、夜間走行時は点灯でお使いください。道交法上、点滅は補助灯としての使用に限定し、リアリフレクター(赤色)と併用してください」と書いてありまして。だったらリフレクターとライトの両方がついている製品とかロードバイクに付けても良いと思う位のものを出して欲しいところですが。。。リフレクターのサイズって何か基準があるんでしょうか? 電池切れの心配も無いし、クルマがヘッドライトをちゃんと点けていれば、下手なテールライトより視認性は良いと思うんですが。

[追記]
ちなみに2個付いてくるブラケットの違いは、取り付け位置が数ミリ前後します(購入前は高さ方向に変化すると思ってました)。


[追記2:2016/12/09]
元の記事を書いてから、約3年9ヶ月。今更追記を書くとは思わなかったけれど、このblog内では今でもアクセス数が多い記事なので。

既に、私が購入したこの記事のフィジーク社から販売されていたパッケージ商品としてのFizik Rapid3は販売されていないようです。
その変わりに、現在フィジークのICS対応のブラケット部分のみの販売がキャットアイ社から行われています。

詳細は新しい記事で書きましたので、以下のリンクからどうぞ。キャットアイ社のWebサイトで探すのは難しいかと思います(というか見つけられなかった)。

●『フィジーク ラピッド3 [ Fizik Rapid3 ] 再び

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

ともちん

ボクはフィジーク純正(?)のテールライトを使っていましたが、走ってる最中に何処かで落としてしまったのでした。
ボタン電池で燃費も良くなかったですけどね。
by ともちん (2013-03-18 20:10) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。