So-net無料ブログ作成
検索選択

Fitbit Charge HR その2 [デジタル]

前回から続く)

前回書いてからかなりの日が経ってしまいました。気付いたら検索で飛んできていただく方のキーワードの第3位が前回の記事なので、ややプレッシャーが。

その1を書いて投稿した時には既にその2を書き終えていたのですが、使い始めでFitbitのアプリやWebの使い方が分かっていなく、そのまま書く事ができなくなってました。

Fitbit Charge HR到着した日は、帰宅が深夜だったので、充電して寝る予定だったけれど、ついついiPhoneのFitbitアプリの設定をイロイロとやっているうちに充電できたので、そのまま装着して寝る。

購入した理由の一つの安静時心拍の測定。結果→68bpm...最近あまり運動していないとは言え高すぎないか?とはいえ、普通に座っている時に65bpm以下の数値が一時的ではなく出たりもするし、グラフ上も細かいピークを除いてもこれ以下の値だったり。安静時心拍って寝起き等で身体を動かしていない状態の心拍で起きている時の心拍数はこれより大きいのではないの?

通常時の心拍も多少差はありそうだけど、まあ許容誤差範囲かな、と。

睡眠時間に関してはかなりの疑問点が。寝付けずに結構時間が経った部分も寝てた事になっているような。
これはiOSの無料アプリの「Sleep Meister」の方が、iPhoneをベッドの上に置くだけなのに遥かに信頼性が高い数値が出ているように思う(実際の就寝時間を正確に知ることはできないが、寝付けない状態も睡眠時間に入っているのは確実なので)。

あと、睡眠が浅い状態(レム睡眠?)は睡眠時間にカウントされていないようで、私の場合、布団に入ってから出るまでの間が7時間位だけれど、Fitbitにカウントされるのは長くて5時間。もちろん寝つきが極端に悪かった訳ではないです。
それでもテレビを見ながら居眠りをしてしまった時も記録されてたりはする。

上記のような疑問点はあるけれど、測定装置だから当然誤差もあるし、今迄分からなかったイロイロな傾向が見えるので、十分使っていけそう。
あまり細かいところを気にしても、体に良くないですよね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。