So-net無料ブログ作成

再開 [自転車]

いろいろとありましたが、ややモチベーションの低下はあるけど、特に自転車をやめる気はなく。
少しは暑さが和らいできた9/17。久しぶりに自転車の準備。前日に名古屋出張が入って疲れてたのか寝坊。

前回の記事の冒頭で会社の部署のミーティングで三浦に、という事を書いたけど、当初はこの日に自転車復活を目論んでいましたが、さすがに荷物を担いで、久しぶりでは到着時間が読めないので断念。
この時に、三浦までのルートを再度検討。特に横浜市街地を抜けるルートの検討。横浜駅近くは左折レーンやらで行きたい方向に行けない事も多いし、うまく抜けられれば、ショートカットが出来そうだったので。

今回はこのルート時作成したをなぞってみよう、という事で10時頃と少々遅くなったけれど出発。体力がない状態なので、行けるところまで、という方針。

家を出て、横浜上麻生通り経由で小机、白楽を通り、国道1号へ。ここまでは一部ミスコースはあったけど、まあまあ順調。

その後、西横浜駅あたりから黄金町方面に行こうとしたら、ルートミス。ショートカットでコースに戻ろうとしたら、住宅街へ突入。結構な坂道。
なんとか蒔田駅付近にたどり着く。黄金町からはかなり離れてるけど、まあいいか。と思いつつ、そのまま再びルート選択ミスで2度目の住宅街ヒルクライムに突入。シャレにならん勾配の上に小学校。みんな足腰強くなりそうだ・・

という事で、予定外の2回のヒルクライムで心が折れました。

一応、少し先に進んだものの日没までに帰れそうにないので、金沢文庫で折り返して上大岡経由で帰宅。

焦っても仕方がないので、ぼちぼちと体力、筋力、心拍機能向上に励んでいきます。

sn_160918a.jpg
写真は、住宅街を超えてたらいきなり目の前に現れた謎のトンネル。サイズ的には多摩湖近くにある軽便鉄道跡のトンネルと同じかやや小さいくらい。とは言え、前後に線路があった形跡はなし。

調べたら、このトンネル(大原隧道)は、昭和初期に作られた横浜の水道幹線路を通した時に作られたトンネルで、元々は管理用トンネル、現在は一般人も通れるトンネルになっているとの事。現在も水道幹線路としても現役だそうです。

今回の中で唯一遭遇した楽しいものでした。

しかし、分かってはいたけど、横浜の住宅街の斜度はシャレにならん・・

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。