So-net無料ブログ作成
検索選択

ふるさと納税で、Cervelo R2 (サーベロ R2) [雑記]

某SNSで友人が「ふるさと納税でサーベロが出てきた」と書いているのを見て、マジか?!と思った月曜日。
調べてみたら確かにあった、CERVELO R2 105完成車が、茨城県境町に、、って、どこ?
(あ、R2だけでなくS2もあります)

よっしゃー、120万円の寄付でCERVELO R2ゲットだぜ。ん?寄付??

....ところで、ふるさと納税できるのって、所得税なの? 住民税なの??
スミマセン、ふるさとと呼べるモノがないような私にとって、ふるさと納税の仕組みに興味が全くなくて、良く分かってません。

という事で調べると、こんな制度らしい。

・ふるさと納税と呼んでいるけど、基本的な扱いは「寄付」
・寄付額のうち2,000円が負担額となり、これを超える部分は所得税、住民税から基本的には全額が控除(上限あり)
・ふるさと納税を行った翌年に原則として確定申告を行う。

例)50,000円を寄付する場合
・ 希望する自治体にふるさと納税として50,000円を寄付
・ 確定申告をすると、負担額の2,000円を引いた48,000円が控除額として戻ってくる
・ 自治体から、お礼としていろいろなものが貰える(今回の話ではCERVELO R2)。

寄付とは言っても、負担額を引いた残りは、指定した自治体に納税した形になるようですね。

あくまでも控除なので、払っていない税金は控除されない。なので、それ以上払っても負担額が増えるだけ。

更に、給与収入と家族構成により全額控除の上限額が決まっている(表があります)。当然収入が多い方が上限額は高い。
例えば年収1000万円独身で、176,000円…

えーっと・・・・・


・・・・・・・


ちなみに私の年収はこんなにないですが、それでも上限額はCERVELO R2に遥かに届かず。
CERVELO R2 2016の価格が430,000円なので、多少負担額が多くなっても割安になれば、とか言う差額でもない。
ちなみに表にある最大の上限額は845,000円。CERVELO R2の120万円に届かないやん。。。

落ち着いて、この境町のふるさと納税の情報を見るとポイント制導入との事。ポイントは1万円ごとに5000ポイントで3年間有効。

CERVELO R2 120万円を受け取るには、60万ポイントが必要。

もし私が年収1000万円だとして、有効期限3年のポイント制で17万6千円を3年間、毎年寄付したとして、25万5000ポイント。ぜんぜん足りない。。。

という事で、ふるさと納税でCERVELO R2を貰うには、年間上限額400,000円×3か、600,000円×2か。

年収ごとの上限額を考えるて、3年で考えるなら年収1,600万円、2年で考えるなら2,200万円が必要。最低限、年収を1600万円越えにするしかない、というのが結論か?

ところで3年後もCERVELO R2ってあるのかな。。価格が変わったら必要ポイント変わるよね、やはり。

負担額が増えてもいいから本当にふるさとか、お世話になる/なった自治体に寄付をしたいという事でなければ、残念ながらCERVELO R2は手に入らず。

まあ、ふるさと納税を勉強するきっかけになったから良いか。

上記で書いた以外に、所得税、住民税による上限などもあるので、ご注意。
詳しく知りたい方は、総務省のふるさと納税ポータルで確認を。

あ、冒頭で書いた通り私は制度に関して全然詳しくないので、何か間違っている事があったらご指摘頂けるとありがたいです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る