So-net無料ブログ作成
検索選択

Fitbit Charge HR 崩壊(その1) [デジタル]

2015年の夏の終わりに購入して2年弱、片時も離さず…って程ではないけど、ほぼほぼ私の左腕に着いていたFitbit Cargeが崩壊寸前。
購入後1年ちょっと経ったところから、ベルトと本体の間の接着部分が浮いてきて、見た目は悪くても問題なく動作しているけれど、ついに使用できないほど接着部分が剥がれてきた。
sn_170628a.jpg

ベルトが剥がれ始めた頃にネットで確認したら同様の事例が複数出てきた。保証期間内の人は、「サービスに送ったら新品が来た。神対応」的なblogもあったけれど、残念ながら1ヶ月ちょっとの違いで保証が切れたところで剥がれ始めてしまったので不可でした(ちなみに欧州では2年保証らしい。多分欧州のでの決まりっぽい)。

ちなみにTwitterで「Fitbit Charge HRのベルトが壊れた」的な事をツイートすると、TwitterのDM機能でサポートから連絡が来ます(見つけて貰えれば、なのでハッシュタグを着ける事をオススメします。

見た目悪くても接着剤で貼り直す、という手もあるけれど、まあ買い直しが妥当かな、と。
後継機をFitbitで行くのであれば、Fitbit Charge 2に行くのが順当かと思うけれど、、問題のベルト交換もできるようになっているし。

Chargeの性能自体には大きな不満はない。唯一の不満は、サイレントアラームの設定を含めて、同期に時間が掛かりすぎる事かな。

買い換えるのなら、GPSも使えた方が良いかな、とか思ったりだけど、どこまで機能が必要かは悩ましい。
自転車用に乳バンドなしで測定できて、心拍数がサイコンで表示できるGarminは捨てがたいなとか。
サイコンを使っている時はGPSなくてもいいけど、山登りやジョグではやはりGPS欲しいな、とは思ったり。でもFitbitと同じような設計のベルトが不安。

数年で崩壊覚悟で、Vivofit J HR+が妥当かな?とは思うけど、GPS使用時の動作時間8時間もちょっと短い。サイコンのように走るときだけ使うのではなく、普段から使っている状態のものを、山などで使用する前に満充電にして準備する、というのも運用上どうなんだろう。
GPSログを取るだけなら、サイコンをカバンに入れれば良いだけだし。。。

悩ましい

ところで、Fitbit Charge HRを購入時にずーっと比較対象だったのはJawbone。最近は全然聞かないけどどうなったんだ?と思って検索したら、当時発売が遅れすぎたのでFitbitにしたJawbone UP3/UP4がAmazonで投げ売りされていて、新製品は並んでなかった。記事の日付も2015年のものばかりだったので、フィットネスバンドからは撤退なのか日本市場から撤退なのか。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。