So-net無料ブログ作成
検索選択

尾根幹往復 [自転車]

22日(土)
仕事のストレス+暑さか湿度のためか、週末はなかなか起きられず。。

昼近くになってようやく起動。。遠くには行けないのでトレーニングがてら尾根幹往復でも。距離的には約40kmなので、準備もお気楽で。暑いのでボトル2本に水を入れ、コンタクトレンズをしないで度付きのサングラスで。

普段は連光寺坂を登って多摩大から尾根幹に入るけど、先日「そのルートだと、尾根幹最大の坂を回避するルートだよね」と指摘され・・・斜度はそのルートの方があるけど、登り続ける距離だと連光寺坂だと思うんだけど・・・ちゃんと矢野口から尾根幹に向かう。

距離も時間も短いので、いつもよりも気持ち速めのスピードで・・・と走っていたら、頭がクラっと。。。一本杉公園の入口で木陰に入って休憩。暑い、、、という程の気温はないハズなので湿度の影響かな。幼少の頃から夏の入りには体調崩してたらしいので、体質という事で。

再開して走って行くと、前方にゆっくり走る方。格好やフォームからすると私よりも遥かにスキルが高そう。ゆっくりと走っているのはフォームのチェックなど何かしらの理由があるんだろうな、と思いつつ、段々近づいて行く。

ぐりーんうぉーく手前の交差点前を下って行くと信号にかかりそうだったのでスピードを上げて抜く形に。その後の登りを走って行くと、登り切る手前で追いつかれ。平坦に戻った所でまたゆっくりになったので追い抜いて・・・南多摩斎場の交差点に折り返しのために降りて信号を待ってたら追いついてきて一言「登りが苦手みたいだねぇ」と。会話をしようと思ったら、そのまま走っていく。何かイヤミでも言いたかったのかな? まあ間違ってないので文句もありませんが・・

折り返しも「いつもより速め」に。とはいえ多摩給食センター前交差点からはしばらくの間、前が詰まって抜けない区間だったのでのんびりと。多摩大への登りはいつも程は速度低下せず・・・って、尾根幹しか走っていなければ当たり前か・・。

イロイロ考えながら走ってましたが、前半で熱中症ちょっと前の症状が出た段階で精神的には落ちたようです。もう少し経って暑さに慣れはじめれば、良くはなるか?

温泉ライド to 塩山 [自転車]

定期的に見ているとある方のBlogでイベント参加者募集。

内容は、目標地点として塩山が設定してあって、そこまでのルートは何でもあり。輪行もOK。で、到着したら温泉に入ってビールを飲んで輪行で帰りましょ、というもの。

ゆるゆる組(長距離を走るのに慣れていない女性の方々)は、高尾山口より主催者+αのアシスト付きもあり。

ユルい雰囲気と、家からの距離もちょうどよいのでエントリーしてみました。

最近、色んな意味でたるんでいる自分に活を入れて・・・と言いつつも、家から高尾山方面に行くのに連光寺坂を回避して多摩川原橋から多摩サイ→浅サイと経由して大和田橋に進みR20に合流(八王子警察署を通る方のルート)、という傾斜的にはお気楽ルートを選択。

10時頃に高尾山口に到着。補給をしつつ既に集まっていた参加者に少し挨拶。この後はR20から外れて進むのでゆるゆる組より先に出発。

大垂水峠を珍しくガシガシと登る。あまりコースの状況を覚えない私でも、さすがに一週間前に登ったばかりですから覚えてます。最近の自分としては割りと調子よく峠へ。ちょっと手前で自転車の絡んだ事故があった模様で渋滞してました。

R20を進んで吉野の交差点から、秋山街道方面へ。大垂水とはいえ峠を超えてきた脚が少しずつ疲れてきてゴルフ場神奈川CC)のあたりでダラダラモード。。やわいっすね・・自分。

それでも途中イベントの定時つぶやき以外は脚も着かずに秋山街道を進み雛鶴へ。まあのんびり走っていればいつかは着きますよね。
sn130608a.jpg
雛鶴トンネルは工事中で対面交通。手前で休憩していた他の団体の方々の再スタートに合わせて一緒にトンネルへ。

トンネルを抜けて少し下ったところにリニアモーターの基地。最近新型の準備車両がテストコースに来ているので見えるかなと思いましたが、残念ながら以前より木が茂り、全く見えない。線路まわりも以前に比べて囲いが高くなり、少しでも角度が違うと全く中が見れない。ここまで囲いが大きくなってるという事はテストコースも延長されて、トンネルが作られ更に先に線路が出来ているという事でしょうか?

禾生方面へ降りて、大月方面からR20に復帰。このあたりは一部雨。R20を西に進む。この辺りからは明確に登り基調ですね。1~3%程度の登りが延々と。

初狩駅付近のローソンで休憩。この先に小さいヤマザキショップはありますが実質的には笹子前の最後のコンビニ。コンビニの前に立っているイベント参加者1名と合流。家が大変近所の方でした。

ゆるゆる組の到着をしばらく待つ。しばらく待ってようやく合流。人数も多いので大きく2組に分かれて出発。ゆるゆる組のサポートをしてきた方々は見た目あきらかに私より遥かに実力ありそうな方々だったので、遅い側の組でスタート。笹子トンネルも2~3名単位で走りぬけ、第二集合地点に無事到着。

その後、温泉宿に全員でパレード走行をして到着。少々狭い浴場でしたが気持ちのよいお湯でした。
sn130608b.jpg
ビールを飲みつつ、食事を戴き、自己紹介なども済ませて歓談して・・・あっという間に帰る時間。駅まで自転車を押して、輪行して帰宅。

バラバラの走行で目的地を目指す、という事で、事前にはあまりまとまりのない内容になるのかとも思ったけれど、30名にも満たない規模の人数という事もあり、とても楽しいイベントでした。
非常に実力のある方々と初心者の方々と。このイベント自体も何回目かで初参加の私など以外は結構顔見知りの方が多かったようで、やや気圧されていましたが、次回参加の際にはもっと楽しめるかな、と思います。

そのためにはもう少し鍛えないとね。いろんな刺激を受けた一日でした。


数日前から怪しげな雰囲気だった歯の調子が、ビールを飲んだ後に一気に悪化。冷たいものを飲むのが辛い状態で、痛みに耐えて水分をとるか、脱水になるかをせめぎ合いつつ帰って来ました。まあ、言うまでもなく脱水になるわけにはいかんのですが。

ビールを飲むまでは大丈夫だったのも救いではあったりします。

鶴断念 [自転車]

でもって・・・

GWに3回乗った割には、その後は再び乗るヒマもなく。そう言えば6月に入ってから会社の管理の方からメールが来て、何かと思ったら「残業し過ぎなので産業医との面談する事をお勧めします」と。そう言われてもね。。。

話がそれた。。

バタバタしている割には、6月8日のとあるイベントに「参加します!」と申し込んでしまったので、さすがに一ヶ月間乗らずに行くのも怖いな、と。

という事で、一週間前の6月1日の曇りがちの日に出発。参加するイベントは塩山に向かうものなので、下見半分、トレーニング半分で。

川崎街道を進んで途中でR20へ。相変わらず車線と信号に悩まされつつ、大垂水峠へ。珍しく富士山が見えました。というか峠から富士山って見えたんでしたっけ?
sn130601a.jpg

その後もR20をひたすら西へ、と言っても塩山まで行く気はないので、上野原から鶴峠へ。鶴峠は初めて。

上野原市街からR20を離れて鶴峠方面へ。向かう前に補給を、とデイリーヤマザキでパン2個と、ゼリーを一個・・・・しかし、パンを噛んでも噛んでも喉の奥に入らない。無理矢理水で胃に流し込む。完全に夏バテ。暑くなり始める頃にヤリガチです。

その後、途中までは鶴峠へ向かったものの割りと早々に断念。補給ができなきゃ、帰り道すら危ういですからね。

でも、このまま上野原に戻るのも何かイヤだったので、甲武トンネルとの分岐で藤野方面へと進んでみる。裏和田を登る時に途中で分岐があるところに出るかな、と思って気楽に進むも・・・ひたすらアップダウン。もう体が苦しいんだってば・・そして分岐に右「上野原」、左「藤野」と書かれていた所で、左側が登り坂だったところで心が折れ、結局上野原に到着。登ったところよりはやや東側だったけどね。

疲れた体にクルマの多いR20はキビシイね、と思いながら帰宅。翌週は大丈夫か、と一人で反省会・・

記憶の彼方から・・・ [自転車]

ご無沙汰しております。

すっかりとネットから、、、というか、ここの更新から遠ざかってます。TwitterやFacebookはボチボチと発信してますが(とは言え、こちらも以前より頻度が減っているのも確か)。

仕事も私生活も相変わらずバタバタとしてます。仕事はバタバタしてても収入が上がらないし、何の評価にも繋がらない感じなのでテンションを保つのに必死だったりします。
仕事を含めた人間関係もバタバタしてますが、楽しいので良いかな、とも思ってますが・・。後は・・・なんだっけ? 休める時は休めるんですが、本当に休んじゃって何もできなかったりする自堕落ぶりだったりもします。

そんなこんなで、ふと気づくとアっという間に2~3週間平気で経過してます。老化現象か?

6月も終わろうかという時期なので、GWと書いてもナンの略語かピンと来ませんが、ゴールデンウィークに3回自転車に乗ったうちの2回しかアップしてません。既に遠い記憶の彼方ですが、裏和田を登った記録の下書きが残ってたのでアップしようかとも思ったけど、今更ですね。

一応、裏和田の話を下書きからピックアップすると・・・

・連休最終日の5月6日。

・疲れてたので、裏和田に向かうルートも阿津を抜けてR20と既に逃げ腰

・裏和田は、あまりガチではないサイクリストやら、外人さんやらで、かつて無いほどの混雑

・どうにか、足をつかずに到着

Yasさんともちんさんの購入した和田峠の登頂記念のバッジは買いませんでした。ノリが悪くてすみません(というかYasさんが購入したのは最後の一個じゃなかったんでしたっけ?)

まあ、そんな感じで、ボチボチやってます。

sn130506a.jpg
混雑し過ぎで写真を撮るにも他の自転車が・・
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。