So-net無料ブログ作成
検索選択

痛みと痺れと歪みと [雑記]

ちょうどゴールデンウィークが始まった頃、強度の肩コリに襲われて頭痛も起きて(緊張性?)、と散々たる状況。しかも微妙に右手の人差指と中指の先が痺れとるし。。。

コリは体を動かすことで治る事もあるので、そのまま前回書いた筑波へ行ってきました。

残念ながらコリが治る事も、指の痺れが取れる事もなく。。。

前回書いたとおりGW明けには試験もあるので勉強をしたいところですが、痛みのため全然集中できず。仕方なく整体に行ってみたり。多少は軽くなったけど、解消までは程遠く。

7日にようやく平日になり近所の整形外科も開いたので診察へ。指の痺れの理由が血流の問題によるものだとしたら大変なので。

診断としては、軽度の頚椎のヘルニアとの事。これにより神経に影響が出る事で指に痺れが出ているそうな。まあ血流の問題でなくて良かったかな。

ちなみに腰椎の方も軽度なものは以前にやった事があります。軽度なものであれば自然治癒も可能ですが、頚椎の方は原因対策をどうしたら良いのか悩み中。整形外科じゃ週に一回牽引をするだけだしなぁ。あと、痛み止めやら何やらの薬と。

腰の時はなるべく姿勢を正しくして、痛みが治まったところで筋トレをして、軽い腰痛以上の症状は出なくなりましたが、、、
頚椎は・・背中上部から首に掛けての正しいポジションがどこなのかも現在模索中です。いや、ここは難しいかも。
とりあえず頭が下を向くような姿勢を長時間取らないように、という事でPC作業環境は考えないとダメなのかも。でも顎が挙がっているから、顎を引くように、とも言われ・・・延々と模索中。

元々、小学生時代に側弯症のチェックで3回位姿勢をやり直しさせられて、「まあ、いいか」の一言で終わったくらいで側弯症と診断される一歩手前だったので今後も背骨周りは色々とトラブルは出るのかも。
しかし普段は胸の角度は正面から見ると問題ないくらいなのに背骨があれだけ傾いているというのは、相当体が捻れているんだな、と再確認しました。

そんな訳で自転車のポジションは頚椎に悪くないのか、などと考えております。そんな感じでしばらくはあまり自転車に乗れなくなるかも。


※本当に、自転車に乗れない言い訳ブログと化しているなぁ。。

筑波8耐2015春 [自転車]

なぜか内容は全く関係ないのに、2回連続で筑波の話だ。

3月はタイミングと天気の関係が悪く、全く自転車に乗れず。
4月に入り、そろそろ走らなきゃ、と思ってたところで中旬に入って、突然今年は無いと思っていた試験を受ける事になりまして。。

他に受ける人達は数週間前からスタートしているというのに、締め切り一週間弱で受験用の資料を作れといきなり言われても、と思いつつ。その後もGW明けの試験対策でバタバタとしまして・・・

・・・って、自転車に乗れない、いいわけブログと化してますね。なんだそのブログテーマは。。

バタバタしている中、試験を受ける事が決まる以前から自転車仲間に誘われて予定が入っていた「筑波8時間耐久 春」に参加してきました。あっ、もちろん自転車の、です。昨年の春に続いて2度めの参加。

5名チーム×2で参加。
私は、4スティントで、多分20週(19かな)でした。速くてレースに慣れている人は集団に乗ったら楽だよ~、と言いながら一回あたり10数周したりしてましたが・・・


結果としては、、70位代後半だったかな。チームでは私が一人で平均速度を落としていたような気がします。チーム最高齢にして、チーム最低速でございます。まあ、ガチのチームでお祭り参加なので許して下さい。


ところで、集団に轢かれる・・じゃなくて、引かれる件ですが、どうも私は苦手な用で。あまり楽さを感じないんですよね。で、残念ながらレースペースでは付いて行くことができない。脚力の大幅な不足??

もちろん全く感じたことが無いわけではなくて、例えば去年のツールド東北気仙沼折り返し後の強烈な向かい風の中とか、ニュージーランドでは感じました。
特にニュージーランドでは、自分ではありえない速度で坂を登れたのは間違いなくドラフティングによるものかと。

普段感じない原因は、、、
・体がでかい
・自転車自体は元々空気抵抗が少ないので、ドラフティングによる変化が少ない、、かな(ホントか?)

ニュージーランドはあれだけでかい体の人達に囲まれれば、そりゃ楽だよねという感じだったかと。


そんな事を言い訳として考えつつ、まあ何にせよ集団の後ろにつける位は速くならないと仕方がない事なので、次回は皆様の迷惑にならない程度になれるように練習に励みたいと思います。。。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。