So-net無料ブログ作成
検索選択

復活! [自転車]

5/23の記事で、頚椎椎間板ヘルニアになった事を書いた。
その後、4月末から6月下旬まで指先の痺れは続き(別に痛いわけではないけど、ずっと痺れて感覚が鈍っているのは意外と精神的に辛い)、その後徐々に痺れは取れつつ、でも原因は完全に治ってはいない状態が続き、ようやく8月一杯で解放されました。いや、地味に長かった。

そんな訳で、ようやく自転車復活。
乗れないし、という事でメンテナンスに出していた自転車を引き取って家までの2km。。疲れた。

そんな状態で9/12に復活。いつもの通り、尾根幹を目指して連光寺坂を登る。案外と登れる(とはいえ稲城病院〜連光寺坂交差点が途中多少邪魔が入ったとはいえ7分では、ダメダメですが。。)

・・・しかし、ここでほぼ終了。尾根幹に入って騙し騙し進むも、南野セブンで疲れて休憩。
なんとか進んで南大沢の立体交差で完全に諦めモードに。
仕方がないので、鶴見川源流へ行って。。。工事中で何も見れず。。。尾根緑道に行ってのんびりと走ってみたり。

前回の事故での8ヶ月のブランクの時より酷いような。今回は歩く程度以外の運動もダメだったからしかたがないか?それとも歳のせいか??

まあ、ボチボチと体を戻します。

大菩薩嶺 15/09/13 [山]

今年初めから参加させて頂いている「ハイキングクラブ」で、大菩薩嶺へ。

中央本線の甲斐大和駅から、バスに乗って上日川峠まで。電車もバスも本数が少ないので大変です(一名、乗り過ごして参加できず)。
大菩薩嶺は標高2000m超、と言ってもバスで標高1600m位のところまで行ってのスタートなので、標高差は400m程度。百名山の一つ、との事。

ゆったりとした感じの山道を進む。標高の割には木も多くて綺麗な山。

一時間半ほどで大菩薩峠に到着。食事タイムで30分ほど休憩。
sn150913b.jpg

尾根沿いを進む。かすかに富士山が見える。
sn150913a.jpg
しかし富士山ってこれだけでも見れると、なんでこんなに興奮してしまうのでしょうね。日本人のDNAに組み込まれているのか?

雷岩経由で1時間10分で大菩薩嶺に。こちらは全然眺望無し。。
sn150913c.jpg

雷岩まで戻って下山。このルートはちょっと足場が悪いところが多かったかな。途中で鹿とも遭遇。

バスの時間が気になってましたが、1時間20分ほどで上日川峠まで下山。十数分の余裕を持ってバスに乗り、無事に下山。

その後は立川で反省会。
久しぶりに体を動かした感じで、翌日は少々ダメージが。

Fitbit Charge HR その1 [デジタル]

ロードバイクに乗るときは、サイコンで、速度のほか、GPS、心拍などなどのログが取れる事もありで、普段の運動量測定にも興味があったけれども、さすがに胸にセンサーを着けて生活を送るのもね、という感じでずいぶん(多分2年位)経過。

手首で心拍が測れるものが出回ってきてそろそろ機は熟した感じもあり半年前から検討を開始。

ライフログなので、コンパクトで邪魔にならないものという事で最初に目を付けたのは、JAWBONE UP3。出たら買うとひとまず決定。
しかし中々リリースされない事もあり延び延びと。リリースされたけれど心拍測れるのにログは取れない、と。安静時心拍を取れるだけで買うものではないな(9月上旬のアップデートで、心拍の記録、自動で睡眠状態の判断機能の更新との情報あり)、という事もあったり、私自身の生活も変わりジョグや登山(ハイキング程度ですが)を、少し本格的に始める事もあり、必要なものも変わるかという事もあり。。

やはりGPSログが取れたほうがいいか?とか悩み始める。

結局は、普段の生活重視という事で割りきる事に。山登りなら別でGPSロガーを持ち歩けばよいだけだし(ジョグでは悩ましいが)。

まあ使っていくうちに、いろいろと不満は出るだろうけど、多くの製品は樹脂バンドなのでそのうち買い換えることになるだろうから、あまり重く考えずに買うことにしました。

という事で「Fitbit Charge HR」を購入。
UP3くらい小型だと良いのだけどね。まあリアルタイムの心拍も見れるし良いのかな、と。
購入時点での不満点は、眠りの浅いタイミングで起こしてくれる機能がないくらいか?

sn150923a.jpg
おっさんの汚い腕で申し訳ない)

これを買い換える頃には、Apple Watchはまともにバッテリーが保つようになっているかな?最低でもいろいろとやって1日以上はバッテリーは保って欲しい。でないと、睡眠ログとか、まともに記録できるとは思えない。

Fitbit Charge HR その2

So-net ブログ 一部の文字(単語)が表示されない [雑記]

なんか時々、文章中の単語が消えてますね。「URL自動リンク」という自動的に単語にリンクを貼る機能が使われると、その文字が消えるようです。他の方のSo-netのBlogでも見かけたことがあるので、なんか私だけの問題ではないですね。

ソースを見ると文字は残っているので、リンク文字列のクラスに対するCSSの設定の問題?
私の環境だと、ブラウザFirefoxを使用していると発生。ChromeやIEでは発生しない。

不便だし何言いたいか分からない部分があるので、とりあえず「URL自動リンク」設定を外しました。

ちなみに、上記の「URL自動リンク」の設定は、So-net ブログの「管理ページ」から「設定」を選択。
「記事の初期設定」欄で「URL自動リンク」という設定項目があります。
注意書きで、「ただし、リッチエディタをご利用の場合は自動的にURLリンクされます。」とあるので、この場合は回避できないか、そもそものスタイルシートが対応している可能性もある。。のかな。

========
2016/05/06 追記
ここ数日で、この現象がなくなり、文字はちゃんと表示されるようになりました。


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。