So-net無料ブログ作成

三浦、葉山、鎌倉 [自転車]

前回、横浜の住宅街で心折れて途中で断念したので、リベンジ。
という事で、朝8時頃に出発。前回予定していたコースで移動。

横浜上麻生道路で小机へ。ふと、ショートカットコースで保土ヶ谷IC方面へ。新横浜あたりから横浜中心街に近いルートかと。
このルート、保土ヶ谷ICから先には、横浜から新横浜方面への逆向きに走ると、登りの斜度があるため、クネクネ曲がった道で、ガードレールがキッチリと作ってあるので歩道に逃げる事もできず、交通量も半端ない上り坂になるので、怖い道になるので避けてますが、逆向きの横浜に抜けるのならそこまでではないかな、と。
ちなみにこの坂道近辺の町名に「北軽井沢」「南軽井沢」があり、下りきった先の交差点名が「浅間下」なので、この道は「横浜の碓氷峠」と呼ばれているとか(多分、ウソ)。

結論としては、坂は予想通り、北向きみたいに怖くはない。
。。が、その手前の保土ヶ谷ICがシャレにならないので、もう、あまり使わないかな。。。
ちなみに、ここは逆向き(新横浜方向)に走ると、自転車は確実に高速入口に誘導されます。

前回同様、横浜の道は自転車には優しくない、という事を再認識。平和に走る、という意味では桜木町から山下公園を抜けて南下するか、関内から阪東橋経由の方が良いのかな。


その後のルートは大きくミスをすることなく、無事に横浜市街を抜けたので、後は南下するのみ。追浜あたりのコンビニで最初の休憩。


その後、横須賀中央と浦賀で、少々コースミスしたものの、大きな問題はなく。最初のポイント三浦海岸に到着。
少し休憩して三崎への坂を登り、そのまま葉山方面へ下り、二番目のポイント、渚橋交差点へ向かう。


前日の段階で、小坪トンネルでがけ崩れがあり、R134は渚橋~滑川間通行止めとの情報があり、様子を伺いましたが、事前の電光掲示板で「滑川手前片側交互通行」という案内があったので、渋滞覚悟で通ってみる。

と思ったけど、ここではほとんど渋滞なし。片側交互通行部分の待ち時間程度。渋滞している普段より通過時間は短かったんじゃないかと。
手前の電光掲示板で皆様迂回したのかな?というくらい滑川(若宮大路の交差点)から先は大渋滞でしたが。

その後、藤沢で祭りのため交通規制という情報もあったので、長谷を抜けて裏道から北鎌倉へ。その後大船から横浜環状4号経由で帰宅。

久々の100km超えの、154km。
苦しかったりしたけど、自転車が楽しいと思ったのも久しぶりかも。

写真は、鎌倉某所の謎の穴?正体不明。
sn_160925a.jpg

再開 [自転車]

いろいろとありましたが、ややモチベーションの低下はあるけど、特に自転車をやめる気はなく。
少しは暑さが和らいできた9/17。久しぶりに自転車の準備。前日に名古屋出張が入って疲れてたのか寝坊。

前回の記事の冒頭で会社の部署のミーティングで三浦に、という事を書いたけど、当初はこの日に自転車復活を目論んでいましたが、さすがに荷物を担いで、久しぶりでは到着時間が読めないので断念。
この時に、三浦までのルートを再度検討。特に横浜市街地を抜けるルートの検討。横浜駅近くは左折レーンやらで行きたい方向に行けない事も多いし、うまく抜けられれば、ショートカットが出来そうだったので。

今回はこのルート時作成したをなぞってみよう、という事で10時頃と少々遅くなったけれど出発。体力がない状態なので、行けるところまで、という方針。

家を出て、横浜上麻生通り経由で小机、白楽を通り、国道1号へ。ここまでは一部ミスコースはあったけど、まあまあ順調。

その後、西横浜駅あたりから黄金町方面に行こうとしたら、ルートミス。ショートカットでコースに戻ろうとしたら、住宅街へ突入。結構な坂道。
なんとか蒔田駅付近にたどり着く。黄金町からはかなり離れてるけど、まあいいか。と思いつつ、そのまま再びルート選択ミスで2度目の住宅街ヒルクライムに突入。シャレにならん勾配の上に小学校。みんな足腰強くなりそうだ・・

という事で、予定外の2回のヒルクライムで心が折れました。

一応、少し先に進んだものの日没までに帰れそうにないので、金沢文庫で折り返して上大岡経由で帰宅。

焦っても仕方がないので、ぼちぼちと体力、筋力、心拍機能向上に励んでいきます。

sn_160918a.jpg
写真は、住宅街を超えてたらいきなり目の前に現れた謎のトンネル。サイズ的には多摩湖近くにある軽便鉄道跡のトンネルと同じかやや小さいくらい。とは言え、前後に線路があった形跡はなし。

調べたら、このトンネル(大原隧道)は、昭和初期に作られた横浜の水道幹線路を通した時に作られたトンネルで、元々は管理用トンネル、現在は一般人も通れるトンネルになっているとの事。現在も水道幹線路としても現役だそうです。

今回の中で唯一遭遇した楽しいものでした。

しかし、分かってはいたけど、横浜の住宅街の斜度はシャレにならん・・

ご無沙汰しています [雑記]

先日の9月3日、久しぶりに「TEAM URIBOZ」の飲み会に招集されて行ってきました。
私自身は、前日朝から会社の部署のオフサイトミーティングという事で、三浦の某ホテルの会議室に幽閉され、その後、午前2時過ぎまで飲み続けの状況。

TEAM URIBOZの飲み会当日は、昼過ぎに帰宅して二日酔いまでではないけど、ボンヤリした状態。
夕方になって、集合時間の再確認のために連絡用のBBSにアクセスしたら、うり坊様より企画があった事に気づき・・しかし時既に遅し。。。

ちなみに、TEAM URIBOZに出会った和田峠のオフ会から7年。今回の企画も和田峠で行われ、、だったので、早めに気付いたところで、久しく身体を動かしていない私にとって、クルマで行く以外の方法は私には無かったけど。

という事で、企画には残念ながら乗れませんでしたが、楽しい企画を本気で考えていただける、うり坊さんは素晴らしいな、と。

飲み会は相変わらず楽しく過ごさせていただきました。前回と同様にあまりに自転車に乗っておらず、Blogの更新をしていない私の心配をして頂いたことは、申し訳ないな、と。

私自身もある程度、落ち着いて来たので、自転車等の活動を行っていなかった事については少し触れておきます。あまりここでは書いてきていない内容ですが。

昨年2015年の夏が過ぎた頃から、家に2匹いる愛猫の兄猫の方が良く吐くようになり体重低下。最初の頃は、そこまでは気に掛けていなかったけど、やはり休日には外出する事を控えて様子を見る日々。
今年4月の頭には、明確な単語ではなかったけど先が長くない事を動物病院で告げられ、仕事以外は完全に家に引きこもり状態で、残り少ないで日々という覚悟の上で愛猫と一緒に過ごす事にしました。
6月下旬に愛猫を見送り、しばらくは呆然とした日々。

今も愛猫がいない事は寂しく辛いですが、いつかはこんな日が来る事を覚悟した上で、一緒に暮らすことを決めた事ですので最後まで見届ける事ができて良かったのかな、とは思っています。

その後は、兄猫が亡くした辛さもありましたが、どちらかと言うと弟猫のストレスへの対応などもあって家を空ける事もできず、という状況でした。
ようやく弟猫も少しは落ち着いてきたので、少しずつイロイロな活動を再開しようとしているところで、夏が暑すぎてダラダラしている状況です。

※活動する/しない以前に、Blogへのアップも遅れ過ぎ(そしてUPせず)なのが問題でもありますが、家にいるときは今でも猫にかなり気を使ってるので、その点はご了承を。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。