So-net無料ブログ作成
検索選択
デジタル ブログトップ
前の10件 | -

Fitbit Charge HR 崩壊(その2) [デジタル]

前回も書いた通り、Fitbit Charge HRが崩壊。
使用期間は丁度20ヶ月。購入価格¥21,060-
1年間のランニングコスト、12,636円(充電の電気代は除く)。

ライフログバンドとして機能的な不満はほとんど無いけど、この費用を高いと思うかどうか。

ちなみに1年の保証期間内にベルトがおかしくなった場合は、新品(または再生品?)との交換。
安く作る為、とは言え、1年の保証期間が過ぎたら修理ができない、という製品はどうなんだろう、とは思う。

これに懲りて次は買わないか、というとそんな事はなくて何かしらは欲しいと思っている。実際問題としてそんなにデータを見る事はなかったけれど、微妙に変わる数値を後で見る事での発見もあったりするので。

Fitbit Charge HR 崩壊(その1) [デジタル]

2015年の夏の終わりに購入して2年弱、片時も離さず…って程ではないけど、ほぼほぼ私の左腕に着いていたFitbit Cargeが崩壊寸前。
購入後1年ちょっと経ったところから、ベルトと本体の間の接着部分が浮いてきて、見た目は悪くても問題なく動作しているけれど、ついに使用できないほど接着部分が剥がれてきた。
sn_170628a.jpg

ベルトが剥がれ始めた頃にネットで確認したら同様の事例が複数出てきた。保証期間内の人は、「サービスに送ったら新品が来た。神対応」的なblogもあったけれど、残念ながら1ヶ月ちょっとの違いで保証が切れたところで剥がれ始めてしまったので不可でした(ちなみに欧州では2年保証らしい。多分欧州のでの決まりっぽい)。

ちなみにTwitterで「Fitbit Charge HRのベルトが壊れた」的な事をツイートすると、TwitterのDM機能でサポートから連絡が来ます(見つけて貰えれば、なのでハッシュタグを着ける事をオススメします。

見た目悪くても接着剤で貼り直す、という手もあるけれど、まあ買い直しが妥当かな、と。
後継機をFitbitで行くのであれば、Fitbit Charge 2に行くのが順当かと思うけれど、、問題のベルト交換もできるようになっているし。

Chargeの性能自体には大きな不満はない。唯一の不満は、サイレントアラームの設定を含めて、同期に時間が掛かりすぎる事かな。

買い換えるのなら、GPSも使えた方が良いかな、とか思ったりだけど、どこまで機能が必要かは悩ましい。
自転車用に乳バンドなしで測定できて、心拍数がサイコンで表示できるGarminは捨てがたいなとか。
サイコンを使っている時はGPSなくてもいいけど、山登りやジョグではやはりGPS欲しいな、とは思ったり。でもFitbitと同じような設計のベルトが不安。

数年で崩壊覚悟で、Vivofit J HR+が妥当かな?とは思うけど、GPS使用時の動作時間8時間もちょっと短い。サイコンのように走るときだけ使うのではなく、普段から使っている状態のものを、山などで使用する前に満充電にして準備する、というのも運用上どうなんだろう。
GPSログを取るだけなら、サイコンをカバンに入れれば良いだけだし。。。

悩ましい

ところで、Fitbit Charge HRを購入時にずーっと比較対象だったのはJawbone。最近は全然聞かないけどどうなったんだ?と思って検索したら、当時発売が遅れすぎたのでFitbitにしたJawbone UP3/UP4がAmazonで投げ売りされていて、新製品は並んでなかった。記事の日付も2015年のものばかりだったので、フィットネスバンドからは撤退なのか日本市場から撤退なのか。

TrackR bravo その3 車を探そう [デジタル]

この2週間ほどで私のiPhoneのTrackRアプリで表示される「他のアイテムを探すのに手伝った回数」は1回のみ。平日は毎日通勤でラッシュの電車に乗って、人混みの新宿なども歩くのに。多い時でも一週間に一桁前半くらいまで。
現状ではクラウドGPSの機能としてはまだ充分ではない状態なんだろうと思う。これから普及して行けば良いなぁ。

先日、FacebookにTrackRの広告があって、コピーが「車を探そう」。

そうか、そんな使い方もあったか、という事で。
今まで、基本的に身につけるものにしか着けていなかったので考えつかなかった。

どこかに出かけて広い駐車場に車を停めて、帰りにクルマの正確な場所が分からなくなった時にあらかじめ車内にTrackRがあれば見つける事ができる。
クルマを離れる時まではTrackRデバイスの近くに必ず自分のスマホがあるので、クルマを離れた時点でのデバイスの位置=クルマの位置は確実に記録される。
なのでクルマに戻る時の位置は確実に判明。特に意識をする事もなくこの状態になるので、これには使えるかな、と。

GPSの精度が多少ずれていても、Bluetoothの電波範囲ならスマホとデバイスが近づいているか、遠くなっているか、という事も分かるし。Bluetoothの仕様上で考えれば、GPSの精度の誤差範囲内になるはずですし(金属の車体内なのでGPS、Bluetoothともに精度は低くなる事が考えられるけど)
私自身は自分のクルマを探してウロウロ探し回った事は過去にほとんどないけどね・・。

会社の車の管理などなら、管理者側が各デバイスを管理すれば各車の位置が把握ができますね)ただし電池の保ちのため、随時更新ではないようです)。車1台あたり数千円。維持費年間数百円(スマホを持っていれば)同じ事を通常のGPS+通信で行う事を考えるとかなり安い経費で大体の位置把握くらいには使えるか?どんな経路を、というのは見えないけど。

台数が多くなった時にアプリ上でどの程度見やすく管理できるかは不明。
「車」という事で書いているけど、「人」単位でもできちゃいますね。

(友人のいる位置を探せるスマホアプリもあるので、イロイロと気にしないのならTrackRデバイスが不要ではだけど)

まあ、あんまり管理されるのもイヤですが。

◆関連記事
TrackR bravo購入 その1
TrackR bravo購入 その2

TrackR bravo購入 その2 [デジタル]

(前回から続く)
という事で、まだちょっと怪しげな日本語だけど、一応日本語サイトができていたので注文。
発注したのは2016年12月の初め。いろいろとトラブル(オーダー受けてたけど発送してないとか)あって、無事到着は私が家にいなかった事もあるけれど1月13日。ほぼ40日が経過。まあ、多少のトラブルは仕方ないですが、ちゃんと対応して頂けたので良しとします(問題なければ20日程度では着いてたかな)。
iPhone/Androidのアプリにデバイス登録。マニュアルがまだ英語しかなかったですが、特に問題なし。

置き忘れ防止、探すの機能を確認。このあたりは問題ないですね。
昨日の機能3、Crowd GPSに関してはアプリ上の地図にTrackRの位置が正しく表示されている事を確認。
しかし、基本的にスマホとTrackR(とりあえずキーホルダーに付けた)は、一緒に持ち歩くので、当然の事ながら、TrackRからは常にスマホがある状況なので、紛失の際にどの程度反応があるかどうかはよく分からない。

以前からインストールしてあったアプリ上で、この一週間で「他のアイテムを探すのを手伝った回数」が、3と表示されていたので、少なくとも反応はするんだな、とは思った程度。
あと「近くに2616 Crowd GPSユーザーがいます」と表示はある、けど「近く」の定義は分からない。
Bluetoothを切って、街中で持ち歩いていれば反応して位置情報は取得すると思うけれど、アプリの地図は、Bluetoothを切っていると位置の更新はされないような感じで、自分ではない誰かに持ち歩いてもらうしか、確認の方法は無さそう。あとは電車などのどこかに隠すか忘れ物のような形で置いておくか。本当に紛失する可能性もあるけど。

sn_170114b.jpg
サイズが500円玉より一回り大きい、という表現でしたが、手元に500円玉がなかったので100円玉との比較

ちなみに、いろいろ試すのを含めて3個くらいあると良いな、と思ってサイトを見たら日本語では「3個買ったら1個分は無料」となっていて、これにしたつもりだったけど、英語の「3個買ったら2個無料であげます」という表現で間違って選んでしまいました。完全に私のミスですが。そんな訳で現在5個手元にあります(最低でも2個余ってる)。

誰か試したい人、いるかな?
紹介で安く買えそうなURLもあるけれど、興味があればご連絡下さい。
(トラブルは避けたいので、私とリアルで会った事のある方限定でお願いします)

TrackR bravo購入 その1 [デジタル]

以前、クラウドファウンディングで気になっていたTrackR。
TrackR自体は500円玉より一回り大きい程度のデバイス。スマホとBluetooth接続して使用する。小さいサイズなので、財布に入れたり、キーホルダーに付けたりする事も可能。
sn_170114a.jpg

機能の概略は以下の通り
1. 置き忘れ防止:スマホとTrackRの距離が離れた時にTrackR、スマホのいずれか、あるいは両方でアラートを鳴らす事ができる。
2. 探す:部屋のどこかなどに隠れたスマホが見つからない時にTrackRの操作でスマホから音を出させる事ができる。同様にTrackRが見つからない時は、スマホからTrackRのブザーを鳴らす事ができる
3. TrackRのある位置をスマホから探すことができる

電源はボタン型電池。下手に充電池にするよりは良い仕様かな。電池の持続期間は1年(公称値なので使い方によっては短くなる)。

例えば1は、どこかのお店で飲んでて、スマホをテーブルの上に置き忘れて店を出ようとしたら、財布に入れた、あるいは、キーホルダーに着けたTrackRの距離が離れて気づく事ができる。

2は、朝、出かけようとしたらキーホルダーが見つからないので、スマホから音を鳴らして探す。これは私も時々あるシチュエーション。

最初にTrackRの事を知った時に気になったのは、3の機能。GPSトラッカーのような事ができる。TrackRのサイトの動画でもあったけれど、自転車のどこかにTrackRを貼り付けて、盗難された時に、探し出すことができる、と。
ボタン型電池で一年保つ、という事はいわゆる人工衛星を使ったGPSじゃないよね、という事で仕組みを調べたら、本当に使えるのかどうかが分からない感じ。だけど、なんとなく面白い(仕組みは後述)。
(AmazonのレビューでGPSじゃないのかよ的な苦情があったけど、GPSで位置情報を取って、その情報をサーバー等に送るなんて動作をまともにしたらボタン型電池で1年保つなんて事が有り得ないのはすぐ分かると思うけど)

使用例にあった飼い猫の首輪に着けておいて行方不明になった場合に利用、というのは、それなりに使えそうな気がする。というのは、猫は外に出た場合も、実際にはそんなに遠くには行かない事が多いので、距離感的に探しやすい気がする。

ちなみに前述3の機能でTrackRの位置を特定する方法は、というと、TrackRの近くにTrackRのアプリがインストールされBluetooth通信ができる状態のスマホがある場合に、そのスマホの位置がサーバーに送られる、という事になります。
ユーザーは、スマホからアクセスすると上記のサーバーに送られたスマホの位置を確認するだけになります、
上記条件のようなスマホがなければ、TrackRはひたすらBluetoothでの通信ができるのを待つだけ。

Bluetoothの通信距離はclass1は元々の規格では100m程で、日本の場合は50mほど(通信状況が良い場合)らしいので、なかなか通信ができる環境にはならないような。都心ならまだ見つかるかも知れないけれど、我が家のある首都圏郊外でもちょっと難しそう。

そんな訳で、TrackRはユーザー相互の持ちつ持たれつな感覚で動作するデバイス。ユーザーが増えれば、失くしたものを見つけられる可能性が上がる。

そんな仕組みも面白いので、試してみたい、と思ったのも確かで応援したい、という気持ちがあったり。
自分史上、役に立つのかどうかも分からないデバイス。

Fitbit Charge HR アップデート [デジタル]

FitbitのiPhoneアプリを起動したら、「アップデートがあります」的なメッセージ。

早速実行。以下のような注意事項が3点表示される。
・終了するまでiPhoneの近くにFitbitを置く
・5〜10分ほど掛かる
・iPhoneがスリープ状態になっても大丈夫でアップデートは続行される

さて実行。「ロード中」のメッセージ。多分、アップロード用のデータをiPhoneにダウンロードしているかと。プログレスバーが進んでいく



??
途中で全然進まなくなる。放置すること2時間。最初の数分で進んだ以降、変わりがないような。
その後、寝るまでの間の更に2時間近く。何も進まない。

またか、と思いつつ、そのまま放置して就寝。

翌朝起床してから確認すると、Fitbitの充電が不十分なのでアップデートは停止中、との事で、充電してから再度実行して下さい、との事。
再度アップデートの実行。再びiPhoneへのダウンロードが開始。少し進んで速度が低下したので、またか?と思ったけど問題なく1分掛からず終了し、Fitbitのアップデートも1〜2分で問題なく終了。

ちなみに、その後は同期の速度が改善されてました。前回書いたサイレントアラームの設定も10秒程度で完了。

改善されて良かった。

ちなみにバージョンは122へ更新された模様(それ以前は多分102)。

Fitbitのアプリ [デジタル]

去年の8月から、まあまあ調子良く使っているFitbit HR。
最近では、着けてる事が普通すぎて、逆に充電忘れたりします。まあ、基礎データ収集が主な用途なのでそれでも良いかとは思ってますか…

ところて、最近、アプリとの同期が長すぎ、というか、終わらない、と言うか…
Fitbit本体には、充電時以外は充電状態を表示する機能はなく、なので同期しないと、まだ余裕があるのか、切れる寸前なのかも分からず。同期が億劫になるのも充電切れとなる原因にもなってます。

日々の同期をする気力もかなり薄れる。放置して翌朝に結果を見る、というのではね…

あと、サイレントアラーム機能(時間になると振動する)がありますが、3時間位後の時間を設定したけど、それまでに設定が終わらず。

さすがにコレでは使えない。

本体側の機能は良いだけに非常に残念。

ガジェ好きとしては、勿体無いと思いつつ次のデバイスをついつい探してしまったりします。

Fitbit Charge HR 暴走 (Fitbit Charge HRのリセット方法) [デジタル]

バタバタとした一日が終わり、寝る前に見ると完全にFitbitのバッテリが完全に空に。
眠かったので就寝時のログは諦めて、枕元で充電開始。
画面上に、通常通りバッテリーマークの上に!マークが表示されるが、すぐに消える。完全にバッテリー消費したから??
寝る準備を終えた約5分後にボタンを押しても充電状況が現れない。おかしいな、と思いながら就寝。

朝、サイレントアラーム(バイブレーション)を設定した時間に突然枕元で「ビーーーーー」とFitbitが振動を始める。
通常の長短を組み合わせたバイブパターンではなく、途切れる事なく振動が続く。

寝ぼけた頭で、購入3ヶ月で故障? 保証書とか取ってあったっけ? 通販で買ったけどその時の受領書とか領収書ってあるかなぁ、家には猫がいるのでこんな状態で放置して出かけるわけには行かないけど、いくらバイブだからといって無音でもないから会社に持っていくのもなぁ、等と考えつつ。

その間、当然ボタンを単に押したり、長押ししたりと試したけど、反応は全く無し。

アラームが発動する=起きて出社の準備時間なので、とりあえず鞄に突っ込んだまま出社の支度。
サイレントアラームはモーターで動かしているはずなので、夜までには止まるだろう。。。

突然バイブが停止。ここまで10分くらい。満充電されているにしてはバッテリーがなくなるには早すぎかと。しかし相変わらずボタンを押しても反応は無い。脈拍センサーの緑のLEDも全く光らないまま。


リセットの方法を探したら出てきた。

 『充電ケーブルを接続して充電状態にして、ボタンの長押し』

との事。
会社に着いて置いてある予備のケーブルに繋いで実施したら復活。充電状態は3/5くらい。モーターが使用した分?バイブレーションのモーターは電気をよく使う・・からか?

こういう電子機器なので、システム不安定になる事はあるよね、と思いつつ、振動しっぱなしは、状況によってはシャレにならないな、と。

その後、再度充電。
満充電後、画面に「READY?」と表示されたので、思わずお前が準備OKか?!とツッコミたくなった。


復活して何よりではありますが

Fitbit Charge HR その2 [デジタル]

前回から続く)

前回書いてからかなりの日が経ってしまいました。気付いたら検索で飛んできていただく方のキーワードの第3位が前回の記事なので、ややプレッシャーが。

その1を書いて投稿した時には既にその2を書き終えていたのですが、使い始めでFitbitのアプリやWebの使い方が分かっていなく、そのまま書く事ができなくなってました。

Fitbit Charge HR到着した日は、帰宅が深夜だったので、充電して寝る予定だったけれど、ついついiPhoneのFitbitアプリの設定をイロイロとやっているうちに充電できたので、そのまま装着して寝る。

購入した理由の一つの安静時心拍の測定。結果→68bpm...最近あまり運動していないとは言え高すぎないか?とはいえ、普通に座っている時に65bpm以下の数値が一時的ではなく出たりもするし、グラフ上も細かいピークを除いてもこれ以下の値だったり。安静時心拍って寝起き等で身体を動かしていない状態の心拍で起きている時の心拍数はこれより大きいのではないの?

通常時の心拍も多少差はありそうだけど、まあ許容誤差範囲かな、と。

睡眠時間に関してはかなりの疑問点が。寝付けずに結構時間が経った部分も寝てた事になっているような。
これはiOSの無料アプリの「Sleep Meister」の方が、iPhoneをベッドの上に置くだけなのに遥かに信頼性が高い数値が出ているように思う(実際の就寝時間を正確に知ることはできないが、寝付けない状態も睡眠時間に入っているのは確実なので)。

あと、睡眠が浅い状態(レム睡眠?)は睡眠時間にカウントされていないようで、私の場合、布団に入ってから出るまでの間が7時間位だけれど、Fitbitにカウントされるのは長くて5時間。もちろん寝つきが極端に悪かった訳ではないです。
それでもテレビを見ながら居眠りをしてしまった時も記録されてたりはする。

上記のような疑問点はあるけれど、測定装置だから当然誤差もあるし、今迄分からなかったイロイロな傾向が見えるので、十分使っていけそう。
あまり細かいところを気にしても、体に良くないですよね。

Fitbit Charge HR その1 [デジタル]

ロードバイクに乗るときは、サイコンで、速度のほか、GPS、心拍などなどのログが取れる事もありで、普段の運動量測定にも興味があったけれども、さすがに胸にセンサーを着けて生活を送るのもね、という感じでずいぶん(多分2年位)経過。

手首で心拍が測れるものが出回ってきてそろそろ機は熟した感じもあり半年前から検討を開始。

ライフログなので、コンパクトで邪魔にならないものという事で最初に目を付けたのは、JAWBONE UP3。出たら買うとひとまず決定。
しかし中々リリースされない事もあり延び延びと。リリースされたけれど心拍測れるのにログは取れない、と。安静時心拍を取れるだけで買うものではないな(9月上旬のアップデートで、心拍の記録、自動で睡眠状態の判断機能の更新との情報あり)、という事もあったり、私自身の生活も変わりジョグや登山(ハイキング程度ですが)を、少し本格的に始める事もあり、必要なものも変わるかという事もあり。。

やはりGPSログが取れたほうがいいか?とか悩み始める。

結局は、普段の生活重視という事で割りきる事に。山登りなら別でGPSロガーを持ち歩けばよいだけだし(ジョグでは悩ましいが)。

まあ使っていくうちに、いろいろと不満は出るだろうけど、多くの製品は樹脂バンドなのでそのうち買い換えることになるだろうから、あまり重く考えずに買うことにしました。

という事で「Fitbit Charge HR」を購入。
UP3くらい小型だと良いのだけどね。まあリアルタイムの心拍も見れるし良いのかな、と。
購入時点での不満点は、眠りの浅いタイミングで起こしてくれる機能がないくらいか?

sn150923a.jpg
(おっさんの汚い腕で申し訳ない)

これを買い換える頃には、Apple Watchはまともにバッテリーが保つようになっているかな?最低でもいろいろとやって1日以上はバッテリーは保って欲しい。でないと、睡眠ログとか、まともに記録できるとは思えない。

Fitbit Charge HR その2
前の10件 | - デジタル ブログトップ
メッセージを送る