So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

体重体組成計 オムロン HBF−228T 購入2 [健康]

体重体組成計自体の設定はマニュアルに沿って進めて行く。スマホアプリをインストールして起動すると、製品登録と、地域番号、生年月日、性別、身長の入力程度。本体に4人分のデータを保存できるので、アプリ側でID登録。
その後、本体との間でBluetooth接続すると、上記データ等が登録される(恐らく現在日時も)。スマホがない場合は直接入力も可能。

Bluetoothの接続にミスで少し手間取ったけど、無事に体重などの数値がアプリOMRONコネクトの画面に表示された。

オムロンのWebでは、測定データの転送も自動で行われる、と書いてあったけれど、一度も成功しない。さすがに本体を置いた場所とスマホの場所が遠いと難しいか?

さて、本題。
最近、自転車を始め、軽登山などの運動、日々の活動量などは全てGarminで集計しているので、体重データを、OMRONコネクトから、Garmin Connectへデータを持ってきたい。

iPhoneなど、iOSの場合は、iOSに標準搭載の「ヘルスケア」アプリ経由。
OMRON connectの「連携アプリ・サービス」で、表示される「ヘルスケア」の歯車状の右側のアイコンをクリックして「ヘルスケアへデータを書き込み」をONにすると、ヘルスケアで体重などの表示ができる。

同様にGarmin Connect(ヘルスケアアプリ内では「CONNECT」)でも、「ヘルスケア」から体重の取得ができると思ったけど、残念ながら体重が読み込まれない。
イロイロと調べたら、MyFitnessPalという、ダイエット系のカロリーカウンターアプリがあり、これを介せばGarmin Connectでも体重が読み込めるとの事。ちなみに今は挫折しているが一時期MyFitnessPalを使用していたので、アカウントも設定済み。

という事で、MyFitnessPalアプリの設定をした状態で、連携の設定。
1. 「Garmin Connect」より、詳細>設定>サードパーティ製アプリ
2. サードパーティ製アプリで、「MyFitnessPal」を選択
3. Garmin ConnectとMyFitnessPalの両方のアイコン画像の画面が出たら、左に三回画面をスワイプ
4. 画面に「はじめに」が出たらタッチして次ページへ。
5. 次ページで「アカウントにリンク」が出たらタッチして次ページへ

以上で、自動的に体重が読み込まれるはず。
Garmin Connect内に持ってくるのは「体重」のデータだけですが、運動量の算出で必要なものなので自動で読み込める意味はあると思います。

簡単に、私の場合の各アプリや機器でやり取りされるデータ項目の図でも(全項目ではないですが)。
sn_171229b.png

補足)上図の青地の四角が各アプリ、黄地がある部分が、他の機器(体重体組成計、フィットネスバンド等)を使って取得できるデータ項目、「MyFitnessPal」アプリでは手入力で食事の摂取量を入力します。
nice!(0)  コメント(0) 

体重体組成計 オムロン HBF−228T 購入1 [健康]

sn_171229a.jpg
約10年前。オムロン カラダスキャンHBF-362 を購入

最近、液晶表示が怪しくなってきて、使えない訳ではないけど若干数字が読みづらい。
という状況であっさりと買い替え。
何故あっさりと買い替え決定したかと言えば理由は以下2点。
・スマホ連動したかったから
・測定で手で持つの面倒くさい

両方の理由とも「面倒くさいから」というのが、私らしいというか…

Garminを使っていると、昔の機種はイロイロ図れるスピードメーター。最近はWebやスマホアプリの、Garmin Connectとの連動で、もっとフィットネス系寄りに進んでいく。
そんな中でせっかくの機能を簡単に使うには、と考えるとスマホ連動は必須かな、と。
前機を購入した時も、3日後には、なんでこんなに項目あるのに、SDカードやUSBメモリに保存できないんだろう、と思ったくらい(当時はスマホも普及していなかったしBluetooth接続もまだそれほど普及していなかった)。

また、手で持つ方が体組成の値は上半身も使用するので正確なのは分かるけれど、手を前に伸ばす動作があるので、ウチの狭い洗面所では使いづらい、というデメリットもある。
洗面所に置けないので、服を脱いだ後風呂に入る前にパンツ一丁で体重計に乗って、数値をメモるのも何か変な感じだし(誰に見られるという事はないけど)。

そんな訳で、体組成計の精度には目をつぶり、「乗るだけ」の機種を選定。体重計を含めた計測器なんて、何をしたって誤差はあるのだから、その誤差の中で定性的に量るしか無いわけで、そのあたりは割り切って良いのかな、と。

旧体重計もしばらくは並列して使います(機種が変われば定性的な傾向も変わるので)

今回、タニタの体組成計も検討したけど、連携アプリが全然分からずに却下。
「Health Planet」というアプリがあるけど、そこで読み込めれば良い、というだけではなくて、他のアプリとの連携も必要。このあたりの仕様が全く不明だったので怖くて使えない。個人の方のblogでAppleの「ヘルスケアアプリ」と連携出来るようになった」というのは見たけど、タニタ公式に書かれていないのは不親切だなぁ、という事で選べず、でした。

という事で、OMRONのHBF−228Tを購入。

nice!(0)  コメント(0) 

骨折その後 [雑記]

骨折後に書いた記事から約半年。歳を取ってなかなか治らないとはいえ、流石に二ヶ月半程度で通院からも解放。
手術は、手の指なのでボルトは入らないので、骨に穴を空けて直径1mmくらいのピアノ線のようなものを通して固定。腕や脚の骨折のように、最後に患部を開いてボルトを外す、という事はしないので指の表面から数mm分、ピアノ線が飛び出した状態で2ヶ月以上過ごして、骨折部分がくっついたら、ラジオペンチでグイグイと引っ張ってピアノ線を抜く、というのが、一連の流れ。ちなみに抜く時は麻酔は無し。全く痛くはないけど、身体の中のほうが動くのはちょっと気持ち悪い。
そんな話をすると聴く人は痛そうな顔をするけれど、実際に骨折から完治の間で一番痛かったのは、コケた時の肘の大きな擦過傷に手術のため思いっきり消毒液を掛けられた時、というくらい、手術自体は痛くないです。

どこの骨折でも面倒なんだろうけど右手小指の骨折って面倒だな、と思う。
不便な状態とは言え、普通に身体は動くので周りはあまり考慮してくれないので、固定している包帯は良くほどけるし。
患部を動かす気はないけど、他の指の動きと一緒に勝手に動いて痛みが出るし(何かする時は、親指、人差し指、中指の三本だけでやると良かったです)。

逆に通院終了後は、リハビリで指を良く曲げ伸ばしする必要があるんだけど、意識しない限りリハビリになるほど曲げないし。

今でも多少指の曲げ伸ばしへの影響はあるけれど、問題はなし。

‥と思っていたら冬になり寒くなったら結構痛みが・・・


余談:骨を留めてたピアノ線のようなものを抜く時に使ってたラジオペンチが、掴むところを含めてきれいなクロームメッキ。欲しかった。
nice!(1)  コメント(0) 

2017年末 [雑記]

今更ながら年末という事に気づいた、というか、あえて目を逸らしていたけど現実的に年末が近づいて視野にどうしても入ってしまうだけ。

ここのBlogも放置されてしまっているので大掃除的に記事を書いておこうかと。

最後の方に書いたのはなんだっけ?と思ったら「骨折した」ですね。今はすっかり治ってます。。。と、言えるのか?という部分もあるし。

他にもイロイロと下書きしてたものがあるので、少しまとめてアップしようかな、と思いながら年末の忙しさに追われてます。

nice!(0)  コメント(0) 

落車 [自転車]

自動車で事故になりそうな時、状況がスローモーションになる人と、あっという間に何もできずに事故(あるいは奇跡的に回避)になる人がいるよね、と言っていたのは、会社の先輩。
先輩曰く、最後までどうにかしようとする人はスローモーションに、パニクって何もできない人は、あっという間に事故るとの事。

クルマを運転していて初めて危機的な状況になった時、スローモーションとまでは行かなかったけど、実際の時間ではありえないくらいの事を考えて回避できたので、どうやら私は「最後までどうにかする人」だったらしい(状況にもよりそうな気がするけど)。

2011年に自転車で事故に遭った時も、飛び出てきた車にどう対処するかをイロイロ考えてたので、現場検証でいろんな事を考えてた時間を考えたらクルマが飛び出て来たと認識した距離が思いっきり事故現場と離れていて、警察官に「それだけあったら、ゆっくり止まれるよ」と呆れられたり。

さて無駄に前置きが長いけど、先日タイトル通り落車してしまいました。完全な単独落車。前回単独落車したのは、ビンディングペダルを使い始めた頃で、外すのを忘れて膝を擦った以来じゃなかろうか?

原因は、抜け道に入ったカーブのところに段差の大きいバンプ(うねり)があって乗り上げた事。前方の路面のチェックが甘かったわけでもなく、見た目には全然バンプがある感じはなく、突然跳ね飛ばされた感じ。

カーブで、一気に自転車のバンク角が変わって立て直せない状況に。

今回も目の前はスローモーションのようになりつつも、ビンディングを外す事もできない状況で、冷静に「どういう風に転んだら、いいかな」と考えて肘の上面から接地がいいかな、と考えて、ハンドルを握ったまま転倒、落車。

頭も打たず、鎖骨も折らずで、まあまあの転倒かなと思っていたけれど、ハンドルを握ったままの右手の小指が地面にぶつかったらしく、右手小指第一関節の骨折となってしまいました。
その他、大きめの擦過傷が、肩、肘、腰の三箇所と、小さな傷が数カ所。
まだまだ生地も痛んでいないジャージと、3回目使用のビブショーツが破れたのも(金銭的に)痛いところ。
自転車は、現状分かっているところでは、リアディレイラーハンガーの変形。

事故後、一旦帰って、自転車屋さんへ行って上述のような事故の事を話して、自転車はそのままメンテナンスへ。

落ち着いて家に帰って、ふと思い出す。
実際に事故を起こした最初の原因は前述の通り、路面のバンプに乗り上げたからだけど、実際には、乗り上げた時の衝撃が大きくて、右手がハンドルから跳ね飛ばされたため。不思議なくらい完全に記憶から抜け落ちてました。
外れてしまった手をハンドルに戻した段階で、自転車が傾いてしまったので立て直せず。

結構な勢いでいろんな事を考えた影響もあるとは思うけど、記憶の混乱って本当にあるんですね。

ちなみに、コケたのでその場から折り返したけど、同じうねりに逆方向から突っ込んで再びコケそうに。
それくらい、見ても分からない巨大なうねりでした。

しばらくは休養します。2ヶ月近くかな。

Fitbit Charge HR 崩壊(その2) [デジタル]

前回も書いた通り、Fitbit Charge HRが崩壊。
使用期間は丁度20ヶ月。購入価格¥21,060-
1年間のランニングコスト、12,636円(充電の電気代は除く)。

ライフログバンドとして機能的な不満はほとんど無いけど、この費用を高いと思うかどうか。

ちなみに1年の保証期間内にベルトがおかしくなった場合は、新品(または再生品?)との交換。
安く作る為、とは言え、1年の保証期間が過ぎたら修理ができない、という製品はどうなんだろう、とは思う。

これに懲りて次は買わないか、というとそんな事はなくて何かしらは欲しいと思っている。実際問題としてそんなにデータを見る事はなかったけれど、微妙に変わる数値を後で見る事での発見もあったりするので。

Fitbit Charge HR 崩壊(その1) [デジタル]

2015年の夏の終わりに購入して2年弱、片時も離さず…って程ではないけど、ほぼほぼ私の左腕に着いていたFitbit Cargeが崩壊寸前。
購入後1年ちょっと経ったところから、ベルトと本体の間の接着部分が浮いてきて、見た目は悪くても問題なく動作しているけれど、ついに使用できないほど接着部分が剥がれてきた。
sn_170628a.jpg

ベルトが剥がれ始めた頃にネットで確認したら同様の事例が複数出てきた。保証期間内の人は、「サービスに送ったら新品が来た。神対応」的なblogもあったけれど、残念ながら1ヶ月ちょっとの違いで保証が切れたところで剥がれ始めてしまったので不可でした(ちなみに欧州では2年保証らしい。多分欧州のでの決まりっぽい)。

ちなみにTwitterで「Fitbit Charge HRのベルトが壊れた」的な事をツイートすると、TwitterのDM機能でサポートから連絡が来ます(見つけて貰えれば、なのでハッシュタグを着ける事をオススメします。

見た目悪くても接着剤で貼り直す、という手もあるけれど、まあ買い直しが妥当かな、と。
後継機をFitbitで行くのであれば、Fitbit Charge 2に行くのが順当かと思うけれど、、問題のベルト交換もできるようになっているし。

Chargeの性能自体には大きな不満はない。唯一の不満は、サイレントアラームの設定を含めて、同期に時間が掛かりすぎる事かな。

買い換えるのなら、GPSも使えた方が良いかな、とか思ったりだけど、どこまで機能が必要かは悩ましい。
自転車用に乳バンドなしで測定できて、心拍数がサイコンで表示できるGarminは捨てがたいなとか。
サイコンを使っている時はGPSなくてもいいけど、山登りやジョグではやはりGPS欲しいな、とは思ったり。でもFitbitと同じような設計のベルトが不安。

数年で崩壊覚悟で、Vivofit J HR+が妥当かな?とは思うけど、GPS使用時の動作時間8時間もちょっと短い。サイコンのように走るときだけ使うのではなく、普段から使っている状態のものを、山などで使用する前に満充電にして準備する、というのも運用上どうなんだろう。
GPSログを取るだけなら、サイコンをカバンに入れれば良いだけだし。。。

悩ましい

ところで、Fitbit Charge HRを購入時にずーっと比較対象だったのはJawbone。最近は全然聞かないけどどうなったんだ?と思って検索したら、当時発売が遅れすぎたのでFitbitにしたJawbone UP3/UP4がAmazonで投げ売りされていて、新製品は並んでなかった。記事の日付も2015年のものばかりだったので、フィットネスバンドからは撤退なのか日本市場から撤退なのか。

渋峠 [自転車]

更新遅れで放置されてた記事 2017/05/04
=========================
毎年のように4月の終わりに、Twitterで友人から流れてくる雪の回廊の写真。そして「日本国道最高地点」のモニュメント。
いつかは行きたいな、と思っていたところに友人が行くとの事だったので、話に便乗させて戴きました(とは言ってもクルマを出すのは私)。

長野原草津口あたりからかな、と思っていたけれど、なぜか中軽井沢スタート。
中軽井沢まではクルマで移動。7:30くらいスタートかな、と思っていたけれど関越道渋滞で到着1時間以上オーバー(もっとも同行者との合流を考えるとこれ以上早い出発はなかったけど)。準備してスタートは9:30と元々の予定から2時間以上遅れ。

中軽井沢駅から、日本ロマンチック街道で北上。まずは草津を目指す。
sn_170504a.jpg
スタートから上り坂。「峰の茶屋まで登りだけど、大した事ないですよ」と言われて走ってたけど、それなりに登り続ける坂道。平均斜度5.3%、標高差470m、距離9km、50分間登りっぱなしと、まあまあキビシイ峠。考えてみると、この友人、イベントで下り面倒だから下り部分だけ回収車に乗りたい、と言うくらいの坂バカだった。

その後は、しばらく下り坂。何か見どころがある訳ではないけど、景色がことごとく綺麗な中を下り続けて気持ちがいい。再び軽く登ってR292の大津に出る。

ここから草津への登り。大昔、クルマで来た時には、まだ有料道路だったなぁ。何年前なんだろう?
何にしても登り続けで半端なくキツい。

道の駅で一旦休憩して、本格的に登り始める。道路なんて冬はスキー場の初心者向けの林間コースかと思ってたら、そんな事はなく。
そう言えば、草津に滑りに行ったのは1回だけで、しかも上の方は吹雪のためコースクローズになったので、先輩に呼び出されてクルマで万座に滑りに行ったんだった。草津のスキー場を滑ったのはせいぜい1時間くらいだったんじゃないかな。

などと古い記憶を思い出しながら、ひたすらペダルを回す。
sn_170504b.jpg
そろそろかな?と思っても、道はまだまだ先に繋がっている。そんな事を何回も繰り返し、ふとGarminを見ると標高が2000mを超えている。今度こそ本当に後少し。。。

脚の、前も、後ろも、ヒザの内側も、筋肉が私の意思とは関係なくピクピク動いていて、いつ攣ってもおかしくない、というか半分攣ってる状態の中、ふと前を見ると。。。

下ってる。。。

ボッキリと心が折れそうに。

いや、下りは楽ですよ。でも、せっかく稼いだ標高を失い、その先にまた登りがある。帰りには再び登らなきゃいけない。気圧差と持病の関係で左耳の中耳がパンパンに張って激痛が走るが、もはや何も考えずにペダルを廻しているだけ。いつかはきっと目的地にたどり着くはず。

そして、ようやくゴール。国道最高地点と、県境の渋峠ホテルに到着。命の水、コカコーラが200円なら安いもの。
sn_170504d.jpg
sn_170504e.jpg
耳が痛いのであまり長居はしたくないけれど、せっかく登ったので写真を撮って、景色を満喫して下山。
sn_170504c.jpg
一部の登り返しを除けば、下りだけの道をひたすら下る。

とりあえず、道の駅に到着して休憩。

休憩終えて、中軽井沢に戻る準備。Garminによると日没時間まであと一時間。山合いの日没は早いけど大丈夫かな。残滓が残る時間に戻れるだろうか?と思いつつ、峰の茶屋を目指してひたすら登る。全然、峠が見えてこない。そうするウチに、完全に日没。

残滓も消えて真っ暗のほとんど街灯の無い峠道を、ヘッドライトで進む。
結局、2時間以上掛かって中軽井沢に無事帰還。

走行距離約123km。獲得標高3068m、休憩込みで10時間ちょっと、実走行時間7時間半。

クルマに自転車を積むために、輪行袋に入れようとしたけれど、ホイールを持つと腹筋が痛み持つだけ辛いような状態の身体。大丈夫か。。

苦しくて、もういいわ、とか思ったけど、また行きたいと思う自分がいたり。
行くならGW前がいいかな。

ときがわまちサイクルフェスタ [自転車]

更新遅れ記事2017/04/02分

===============================
友人に誘われて、4/2に「ときがわ町サイクルフェスタ8」に参加。
仲間はガシガシと走るメンバーだけではないので、のんびりと初級コースに登録。イベントで最長距離にエントリーしなかったのは、まだ長距離を走ってなかった、かつ、MTB乗りだった頃のホノルルセンチュリーライド以来かも。

昨年までは、シクロパビリオンの協力があったらしいけど、今年からは単独開催との事。
ちなみに、ときがわ町は奥武蔵グリーンラインの東側にある町です。
sn_170402a.jpg
第一エイドの砂防ダム公園

初級コースなので、そんなに厳しいところはない、と思っていたけれど、距離は短いものの案外とキビシイ登りも多い。

そんな訳で、私達と同じタイミングで走っていた若い男女の二人組が最初の頃のキツメの登りでは、男性が女性の背中を押しながら登ったりと、ほのぼのとした雰囲気だったけど、次に見た時は二人で押し歩き、更には女性だけがトラックで運ばれて行ったり(いわゆる回収車ではなく、坂区間がキビシイ人向けに登ってくれるサービス)と、ちょっとしたドラマを見れたりするのも良いところ。。なのか??

当日は白石峠の凍結だか積雪だかで、中級以上の方々はコースが短くなったりあったようですが、初級の私には関係なく。

ちなみにこの日、2回ほどフロントでチェーン落ち。理由は両方共同じ。坂を登っていて斜度がキツくなった途端に前を走っていた数台が急減速。で、行く場がなくなり私もほぼ速度0となり慌ててフロントをインナーに落としたらチェーン落ち。調整不足もあるだろうけど、あれだけテンションかかった状態でシフトチェンジはダメですね。このあたりも「初級」という名のもとに集まった人の違いかな。まあ、自分自身の未熟さが一番の問題だけど。

その後、弓立山へ。ここで仲間の一人は山頂までの輸送サービス利用(回収車じゃないよ)
sn_170402d.jpg
普段はゲートが閉まっている(聞いた話ではゲートの脇を通り抜けられるというありがちな状況らしいけど)が、この日は特別に開放との事で、ゲート脇通過というグレーゾーンなしで行けたのは良かったかな。

のんびり走って、終了。

そうそう、エイドの食事も素敵でした。美味しいウィンナーを3本くらい押し付けられました。
sn_170402b.jpg

手作り感のあるイベントでなんか楽しめました。仲間もいるしね。

当日のゴール地点で買い物ができるチケットや、近隣のお店で使えるチケット、温泉の割引券などなどを考えると、割安なイベントなのかも知れません。

とは言え、ゴールでのチケット以外は、当日は使えないので、後日行く必要がある、という町の策略にハマってしまった感。

でも、こういう町ぐるみでの自転車イベントを実施してくれるのはいろんな意味で良いな、とは思う。

おまけ。
温泉(玉川温泉)にいたヤギさん。仲良くなったら帰り際に「遊んで〜」という感じで柵のところで鼻を出そうとするのでヤギっぽくない写真しか撮れませんでした。
sn_170402e.jpg


練習…だったハズ [自転車]

ずいぶん久しぶりの更新となりました。約5か月ぶり。
更新を辞めた訳ではなく、ずっと下書きの文章を書いていたら溜まりすぎて更新が。。。という状況。
とは言え、個人的にも記録に残したいという思いはあるので、少しずつ更新して行きたいと思います。

という事で、2017/03/04の記事

======================
3/11は、彩湖での東京エンデューロに初参戦。
過去に筑波サーキットでのチーム8耐に出たことはあるけど、彩湖は初めて。今まで彩湖のコースを走ったことは無かったので先週2/26に慌てて下見に行ったくらいなので、まあどこまでマジメに走れるか、という感じ。

それ以前に、最近走る量が減っていて脚の筋肉量もガッツリ落ちている。あまり走る時間もないので、近所でトレーニング走にでかける。

取り敢えずのコースは、家から府中街道→川崎街道と走る。途中でコチラヘ。
sn_170304a.jpg
稲城市はガンダムのメカデザイナー大河原邦男氏の出身地という事で設置されているとの事。あ、隣にガンダムもいます。

蓮光寺を登り、そのまま聖蹟桜ヶ丘に降りてでいろは坂へ登る。
ロータリーを通り、乞田方面に降りて、尾根幹へ登る。

南野セブンで休憩している時にふと思い立ち、南野セブンの裏側から出て小山田方面へ。途中一箇所曲がる交差点を間違えたら目の前に不思議な風景が。
sn_170304b.jpg
軽自動車一台分の幅しか無いような舗装路。対向車が来たら、自転車と軽自動車でもすれ違えないだろうな。
なんか楽しそうなので入ってみる。舗装はほとんど傷んだ様子もなく、最近施工されたような感じ。こんな狭い道をわざわざ舗装?(未舗装状態での崖上部の崩れや、雨天時の車輪での溝など考えれば、舗装の意味はあるとは思うけど)
更に先に向かうと、広い空間に。農地の一角にも見えるけど、整備のされかたからすると公園かな?何か見たことあるような風景。多分、何年か前にMTBで来たところ( http://xcr.blog.so-net.ne.jp/2009-04-28 )。という事は狭い舗装路は、以前は未舗装のダブルトラックだったところかな。sn_170304c.jpg

幾つか木製のテーブルと椅子があるし。残念ながらロードバイクでの進入は難しそうな路面なので中には入らず。
なんか、異世界感が楽しくなってしばらくこのあたりでノンビリと過ごして帰途へ。

尾根幹に戻って走ったけれど、すっかりのんびりモード。練習になってないな。
これは、尾根幹の脇にある、武蔵野線貨物路線の部分的に地上に出ている場所。
sn_170304d.jpg
でも本来私が自転車に乗って楽しくやってたのは、こんな感じだったんだよな、と思う。

さすがに、練習になってないのもどうなんだ?という事で最後にV坂を登って帰宅。それ以外も、イロイロと探索したい場所として挙げているところ近辺を視察。このあたりはやはりMTBが欲しい気がするなぁ。
sn_170304e.jpg
ちなみに、よみうりランドにあるこの塔は元々あったスキージャンプ台に登るための塔です。